最終更新日:ロゴ 町田酒造店
タイトル・お酒一口メモ

(群馬県酒造組合前橋支部発行「前橋の地酒より引用」)

日本酒のいろいろ

●吟醸酒

酒造好適米を半分くらいに精米して造るぜいたくな日本酒です、。精米歩合60%以下の白米と米麹及び水、まだは、これらと一定量以下(白米重童の10&以下)の醸造アルコールを原料とし、厳重な品質管理のもとで低温発酵によりていねいに造った日本酒です。芸術品といわれる独特なフルーティな香り(吟醸香)と淡麗な味わいが特徴です.醸造アルコールを使用しないものを純米吟醸酒(吟醸純米酒)といいます。

●大吟醸酒

吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の白米で造られた日本酒です。昔は品評会用で、単独で出荷されることがなかったため幻の酒ともいわれておりました。芳醇な吟醸香とまろやかな風味は、まさに日本酒の芸術品ですす。
醸造アルコールを便用しないものを純米大吟醸といいまず。

●純米酒

精栄歩合70%以下の白米と米糠及び水を原料として遣られだ、いわゆる米だけで造る日本酒です。
濃醇な風味で米のうまみが生かされている
のが特徴です。

●本醸造酒

精米歩合70%以下の白米と米麹に一定量以下(白米重量の10%以内)の醗造アルコール及ぴ水を原料として造つた日本酒でサラッとして喉ごしが良いのが特徴。

●原酒

市販の日本酒は、加水しアルコール分を調整してからビン詰めを行いますが、加水せずに醪(もろみ)をしぽったままの濃醇な日本酒を原廼といいます。
アルコール分が20%前後と高くオンザロックに最適でず。

●生酒

ふつう日本酒は、製成後貯蔵ずる前とピン詰めをして製品化する前の2回火入れ(殺菌のための加熱処理)を行いますが、醪をしぽつて、こしだまま一切加熱処理されないのが生酒です。しぼりたてのフレッシュな風味が特徴です。また、生酒同様に加熱処理をしないで貯蔵され、ピン詰めの時にだけ加熱処理を行ったものを生貯蔵酒といいまず。

 

日本酒の楽しみ方

お燗で深まる日本酒の味わい

世界でもお燗をしてうまく飲める酒は限られ、日本酒はその代表でず、
お燗の効用は、日本酒の複雑微妙な持ち味を呼び起こずことでず。俗に"人肌と呼ばれるぬる燗ば、体温より高めの45度ぐらい。普通燗は50度で、お銚子の底に手を触れられるくらい。熱燗なら55度以上で、四季の寒暖により、お燗の温度を選ぷのが上手な飲み方です。

日本酒カクテル

お酒をいろいろなもので割って飲もうというのが日本酒カクテル。代表的なものにサムライロックとピンクロックがあります。
ロックにした日本酒にライムジュースと炭酸を加えればサムライロック・クランベリー十イースと炭酸をジヤパナマつて知って加えればピンクロック。どちらも爽やかな口当たりで若い女性を中心に好評です。

ジャパナマ・スタイル

ジャパナマって知ってましたか?「目本酒を冷やして、もっとオシャレに、楽しもう」という新しいスタイルのこと。飲み方はとても簡単。ポトルごと冷蔵庫で冷やしておいて好きな時にグラスに注ぐだけ。すぐに爽やかな風味が楽しめます、もともと冷やして飲むように造られている生酒とか吟醸酒などから試してみれば、いっそうおいしさがわかります。料理も選ばないし、場所も選ばない。。難しいことは抜きにして、とにかく一度冷やしたジャパナマ・スタイルで乾杯。きっとまた日本酒が好きになりまず。