最終更新日:2012年12月15日ロゴ 町田酒造店
タイトル・ニュース

目次

広報「まえばし」から酒造りの水について取材を受けました。

2012年12月1日発行の広報「まえばし」の特集において、町田酒造店の酒造りの水が紹介されました。敷地内の井戸で汲み上げた柔らかでまろやかな口当たりの軟水が、きめ細やかで飲みやすい日本酒の原点なのです。

みずほ総研情報誌の記事

目次に戻る

バックナンバー

「住まいるたまご」の記事

情報誌「住まいるたまご」に「恵美ちゃんのお酒」を連載中です。

前橋市を中心に配布されているフリーペーパー「住まいるたまご」に「恵美ちゃんのお酒」という連枝記事を書いています。
同誌のホームページに、記事の内容が紹介されています。
2006年12月から始まり、 現在、第3回まで連載中です。

http://www.smiletamago.com/

また、この連載に先立って、2006年11月には、「秋の夜長」を過ごす特集の中で、町田酒造店のお酒を紹介させていただきました。

「住まいるたまご」の記事

* 上の画像をクリックすると、記事の全文が、別ウインドウに表示されます。

目次に戻る

平成18年度 全国新酒鑑評会で金賞を受賞しました!

金賞を受賞した清りょう大吟醸

2005年酒造年度の全国新酒鑑評会で、町田酒造店の「清りょう」が金賞を受賞しました。 この鑑評会は独立行政法人の酒類総合研究所が開催しているもので、今回が94回目です。 全国から出品した中で 金賞に選ばれたのは253銘柄です。

今回の受賞酒は、酒造好適米「兵庫県産山田錦」を 35%まで丹念に磨き、群馬県立産業技術センターが開発した「群馬KAZE酵母」を使用し、情熱を込めて醸した会心の酒です。口当たりのやわらかさとフルーティーな香りが特徴です。今回、この金賞受賞を記念して「飛切清りょう大吟醸金賞受賞酒」を発売しました。

=金賞受賞に関する新聞報道=

駒形小学校の「町たんけん新聞」に紹介されました。

前橋市の駒形小学校2学年の生活科で行われている「町たんけん」で、同校の子どもさんたちが当社を訪れました。そのときの体験が「町たんけん新聞」にまとめられました。

* 上の2つの画像はクリックすると拡大画像が別ウインドウに表示されます。
* 記事を書いた子どもさんの名前(各左下の部分)は、ここでは伏せてあります。

目次に戻る

 群馬の情報誌に紹介記事が掲載されました。

「Matto」記事

冴えてる群馬人の機能性雑誌” 「Matto」 (2005年10月号)に、紹介記事が掲載されました。
当社の町田恵美が、東京のOL生活から、一転、婚約者とともに実家の酒造メーカーに入り、酒造りの苦労を味わう体験談が紹介されています。

* 右の画像をクリックすると、記事の拡大画像と全文が、別ウインドウに表示されます。

目次に戻る

みずほ総合研究所の情報誌に紹介記事が掲載されました。

みずほ総合研究所の会員情報誌「Fole」(2005年5月号)に、当社の町田恵美に関する紹介記事が掲載されました。この記事は「スローライフ新紀行・だから私は田舎暮らしを始めた」シリーズのVol.5として掲載され、「さらば東京OL暮らし 造り酒屋を受け継ぐ県内初の女性杜氏の心意気」というタイトルで、OL生活から酒造りへの転身、いっしょに来てくれた婚約者(現在の夫)との酒造り奮闘記が紹介されています。

みずほ総研情報誌の記事

* 上の画像をクリックすると、記事の全文が、別ウインドウに表示されます。

目次に戻る

 「日本の酒と料理」に出展しました。

「日本の酒と料理」

2005年秋に東京で開催された「日本の酒と料理」に町田酒造店も出展しました。

この一大イベントでは、参加者の方々が全国50蔵の200以上のお酒とおいしいお料理を楽しまれました。第6回「名誉きき酒師酒匠任命式典」では、称号任命が決定した各界の著名人が厳粛なる神事により出雲佐香神社 久斯之神より任命を受けられました。

会場には、全国から50の蔵元が集合し、新内流しが流れる中で大試飲会が繰り広げられました。

目次に戻る