最終更新日:2007年7月7日ロゴ 町田酒造店
タイトル「お客様のお便り」
ラベルのスケッチ

* 東京都にお住まいの方で、地酒のラベルに興味をお持ちの方が「亭主関白」と「かかあ天下」買い求められ、それをスケッチして送ってくださいました。 味わい深い絵ですね。

(画像をクリックすると別ウインドウに拡大表示されます)

花の写真

秋田の兄貴から早速連絡があり好評です
私も大変美味しいお酒に会えたと思ってます
冷やし過ぎないのが最高のようです。
             日本酒の好きな老人より

(お兄様に生酒を贈られた栃木県の方からメールをいただきました)

花の写真

こんにちは。  お問い合わせではありませんが、とてもおいしかったので 一言、足跡を残させてください。 私と町田酒造さんのお酒との出会いは「水澤神社」です。 お参りをした際に頂いたお神酒が御社のものでした。 それ以来、直接お店に何度か足を運ばせて頂いております。 (隣町の笂井町に住んで置きながら出会ったのが遅いのはご勘弁を)

私仕事柄、日本中へ出張することが多く、お酒は元来好きな部類であると思われる節があり様々飲んだ方かと思っています。 地方で飲むお酒は場所が不慣れなことと仕事での苦労が加算されておいしさを余計に感じるものかと思っています。 そんな中でも金沢地区の「黒帯」とか常飲してもよいかなと 思うお酒ともめぐり合うこともありました。

先般「プラザ」という広報誌の最終ページに酒蔵関係者の宴会 風景がある中で、御社の「町田恵美」様が載られており、記事を 見て「女性なのにがんばっているな~」と感心し以来、さらに目に止まるようになりました。

そして、最近「かかあ殿下」と「亭主関白」を知り、先日購入させて 頂きました。  おしゃれなパッケージとマッチした上品な味。うちのかみさんも珍しく喜んで飲んでいました。(かかあ殿下) 亭主関白に至っては「香り」に洗脳されるまま口に運んだ感じは それは最高のものでした。 自分の地元でもおいしいお酒がほおばれる事がうれしい反面 今まで地方酒や大衆酒に甘んじていた自分に少々恥ずかしさを 覚えました。兎に角、おいしかったです。

先日購入に言った際店主だったと思いますが、「今は仕込みで大変」と 伺いました。急に寒くなって大変だと思いますが、またおいしいお酒を待っていますので 頑張ってください。 ご馳走様でした。

(前橋市のご夫妻からいただきました)

花の写真

初めまして。
酒粕の通販について教えて頂きたくメール致しました。 主人の母の実家が町田酒造さんの近くで、祖母や叔父から町田酒造さんの酒粕をよく 送って もらっていましたが、祖母と叔父が引っ越しをしてしまったために手に入らなくなっ てしまいました。

インターネットで検索したところ、町田酒造さんのHPを見つけ商品を見せて頂きま したが、 酒粕の通販は見あたりませんでした。
これからの季節、酒粕を使う事も多くぜひ町田酒造さんの物をと思っております。
通販をして頂けると大変嬉しいです。

暮れのお忙しい時に申し訳ございませんが、ご回答いただけると幸いです。

晶也君がんばれ!感動しました(T_T)

 5代目シュウメイまでの長い道のり、かわいい妻と二人三脚で乗り切ってほしい。
1度や2度の挫折は人を成長させます。
26歳という若さで責任というものをしょって突っ走るのもいいでしょうが、立ち止まる勇気も必要だと思います。TVタイトル「マスオさん」とか、決して世の中的にはカッコのいいものではありませんが精一杯やっていける人だと思いました。

 実は私、渋川市に住んでるんですが実家は秋田です。
秋田には56歳になる母が一人で住んでいますが嫁さんの実家に住んでいます。この先は呼んで一緒に暮らせたらと思っていますが、本人は老後のとは大丈夫とか、住み慣れた町からは出たくないとか同じことを言っていて共感できました。これからもがんばってくださいね。二人とも。

 今度、「亭主関白」「かかぁ天下」探したて飲みたいと思います。

渋川市 ZERO(33)

よかったら返事ください。
いやぁ~~感動したぁなぁ~~
あんまし泣かないようにね(^.^)